企業理念 ― 共に夢のある未来へ

2021年7月に陽光社印刷は創業71周年を迎えました。
長い歴史の中で印刷業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化し続けてきました。
かつては夢だったことや想像もしなかったことが現実になっていく世の中で、弊社は<New Qualityの世界へ>というアイデンティティコンセプトを掲げ、常に次世代の価値観を見据えたサービスの提供に取り組んできました。
情報のデジタル化が加速する昨今、それでも人が直に触れることができる「紙」もまた普遍的な価値と私たちは信じております。
古きも新しきも知る企業だからこそ創造すべき時代を超えたソーシャルメディア、それを叶えるために成長し続けられるよう、未来に向けて加速してまいります。

長きにわたり多くの人々に支えていただいた企業として、最も大切にするべきは「人」であります。
お客さまや地域の皆さまはもちろんのこと、何事にも全力で取り組む社員の存在も欠かせません。
これからも、お客さまや地域の皆さま、そして全社員に対し、いかなる時も誠実に向き合い、共に夢のある未来へと歩んでまいる所存です。
今後とも皆様の一層のご支援とご厚情をお願い申し上げます。

代表取締役 村 山 広 一 

profile

早稲田大学法学部卒業後、東京の印刷会社に2年2ヶ月勤務し、1983年、陽光社印刷株式会社入社(東京営業所 所長)。2001年、同社社長に就任。現在に至る。

CB750K2

趣味という訳ではないですが、私が高校2年生の時に買ったバイクを現在も所有しております。17歳の時からの付き合いですから、かれこれ半世紀になります。当然古いバイクですので、壊れてしまったら動かなくなってしまいます。そのため、部品取り用に同じ型番のバイクを2台手に入れました。そのおかげもあり、現在も4気筒のエンジンから心地よいサウンドを奏でてくれます。最近の高性能なバイクも魅力的だとは思いますが、私はこれからもCB750を大切に乗っていきたいと思ってます。